こんにちは、マイグラントサイクリングの永田です。

今回は、以前ご紹介した「PHAT SHOP」さんのお店に置いてあった「ひょうたん型のスピーカー」のメーカーが、中央区にあるというので、そちらにお邪魔してきました。

PHAT SHOP」の記事はこちら

 


 

迦陵頻伽 – 「カラヴィンカ」 

 

 

IMG_3755

 

 

場所はこちら

スクリーンショット 2015-06-16 16.21.22

福岡市中央区舞鶴1-3-11 リフレ庵2F

こちらのお店は、少し隠れ家のような奥まった場所にひっそりとたたずんでおります。

スクリーンショット 2015-06-16 16.24.04

かなり目立たないところにありますので、普通に走っているだけではまず見逃してしまいます。笑


 

 

 

IMG_3767

こちらの看板を発見して、そこの横町を進んで行きましょう!

IMG_3768

奥に進んでいくと…

IMG_3766

「発見!!」

と思いきやまだまだありまっせ

手前はバーなので、その隣のドアから入って行きましょう。

IMG_3765

 

こちらの階段を上って行くと

ゴールが見えてきましたーーー!!

IMG_3760

 

「到着!!」

 

IMG_3754

こちらのお店、「kalavinka music」さんは、メインは中古のレコードを取り扱っており、それと平行してひょうたんのスピーカーとランプを制作されているのです。

IMG_3758

店内では、店主の厳選された音楽が、ひょうたんスピーカーで流されておりました。

普通の金属のスピーカーでは出す事の出来ない、柔らかく暖かい音色が魅了的でした。

 

IMG_3756

こちらのランプは、店主が初めて手がけられた作品だそうです。

ひょうたんに一本ずつ丁寧に穴をあけていくそうで、めんどくさがりの私には到底出来ない芸当だと感じました。

しかし、その手作業の末にこのような美しいランプが出来上がって行くのです。

IMG_3795

 

こちらのランプたちは、よく冠婚葬祭に使用されているようです。

ひょうたん自体のイメージが「めでたい」というイメージがあるため、特にご年配の方々にとても好評のようです。

 


 

店主の龍石さんは、糸島市二見ヶ浦に住んでおられ、その近くの畑で、ひょうたんを作られているそうです。

「引っ越した当初の荒れ果てた土地を2,3ヶ月かけて耕したり」「小川から水を引いてきたり」など、長い年月をかけて田んぼと畑の基礎を築いた苦労はものすごかったそうです。

そんな龍石さんのひょうたんエピソードや、龍石さんの思いがまとめられている記事がございましたので、よろしければこちらをご覧ください。→アナバナ(九州の活動型ウェブマガジン)

また、龍石さんのブログも面白いので、こちらもよろしければご覧ください。


 

現在は、商売の傍らDJ活動もされており、音楽と人をつなげる活動を続けられているそうです。

個性的でおもしろいお店なので、ぜひとも興味のある方はよって見てください!!

 

店舗情報

店名:迦陵頻伽 – カラヴィンカ –

住所:福岡市中央区舞鶴1-3-11 リフレ庵2F

TEL : 092-406-2799 

営業時間:14:00~20:00

定休日:火曜・水曜日

公式サイト:http://www.kalavinkamusic.com/

公式ブログ:http://kalavinkamusic.blogspot.jp/