こんにちは、マイグラントサイクリングの永田です。

本日は、天神は大名にあるたこ焼きバー(居酒屋)を紹介します。

お店の名前はこちら

「赤たん」

IMG_0369

お店の入り口につり下げられている提灯が特徴です!

場所はこちら

スクリーンショット 2015-07-29 13.38.22

福岡県 福岡市中央区 大名 1-13-12 ことうビル 1F

Google Mapはこちら https://goo.gl/maps/qpu6A

すこしわかりにくい場所にありますが、西通りを歩いてスターバックスの通りを曲がればすぐに見えてきます。

IMG_0379

店内はこのような感じ立ち飲みのカウンターのみで、正面は焼酎と日本酒、少しの洋酒が陳列されたきれいな外観です。

IMG_0374

壁には竹のオブジェが施されており、すこし趣のある壁になってますね。

IMG_0373こちらのピースサインしてくれた方が、お店の大将。ご両親は屋台のたこ焼き屋さんを営まれており、「たこ焼き食べながらお酒飲んでもらえる場所を作りたい」という事で始められたのが、こちらの「赤たん」。

スクリーンショット 2015-07-29 13.52.12

http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40002408/dtlrvwlst/5266161/?lid=unpickup_review より出展

スクリーンショット 2015-07-29 13.52.00

http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40002408/dtlrvwlst/5266161/?lid=unpickup_reviewより出展

 

こちらがメニュー表です。たこ焼きは、一枚(8個)と半枚(4個)の2パターンがあり、それぞれ600円と300円で食べる事が出来ます。

ただ、時間が15分弱かかりますので、まずはお酒とつまみを注文してからたこ焼きの到着を待つのがベストです。

IMG_0370

サメのなんこつ梅肉

大将のオススメの「サメのなんこつ梅肉」

こりこりとした歯ごたえが何とも言えませんね。梅肉の酸っぱさと大葉がマッチしてお酒が進んでしまいそうです。

IMG_0381

一緒に頼んだ麦の焼酎。味はもちろん美味しかったのですが、特筆すべきはこの「陶器」。内側に塗られている薬が美しく、お酒を口に運ぶまでを楽しませてくれる一品です。

こちらは「小石原焼き」という陶器で、福岡は朝倉にある東峰村にある窯で焼かれた作品です。

詳しくはこちらをどうぞ→http://toho.main.jp/index.html (東峰見聞録)

 

そうこうしているうちに

IMG_0382

到着しました!! (ちなみにこちらの器達も「小石原焼」です。)

味は、「塩」と「ソース」を選べます。今回は塩とソースの半々にしました。

IMG_0377

まずは、そのままいただきましょう。

1個1個は大ぶりなので、半分に割っていただきます。

外はかりかりで中が熱々のふわふわです。 紅ショウガがいいアクセントになって結構クセになる味です。

IMG_0375

こちらの塩をぱらぱらまぶせば、また味が締まっていい感じになります。塩辛さに焼酎がベストマッチ!!

まさにお酒のためのたこ焼きですね。

IMG_0378

ソースだって負けていません。

たっぷりのソースにこれでもかと鰹節がのせてあります。ソースも少し濃口になっているので、こちらはビールにぴったりでしょう!!

IMG_0371

ちなみに、こちらが焼いている風景ですが、

ご覧の通りこれでもかと野菜をぶち込んでおります。

IMG_0380

その上に生地を流し込んでから、焼いているので外がかりっとしてて、中がとろっとしているんですね!!

 

最後に、

こちらは、比較的ライトに楽しめる(たこ焼きなので)ということもあり、仕事終わりや居酒屋のはしごで立ち寄るお客さんがほとんどなのだとか。

大将や店員の方もとても気さくな方達なので、とてもオススメです!!

 

店舗情報

店名:赤たん

住所:福岡県 福岡市中央区 大名 1-13-12 ことうビル 1F

電話番号:092-738-3253

営業時間:17:30~翌01:00

定休日:不定

公式サイトぐるなび:http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40002408/