こんにちは、マイグラントサイクリングの永田です。

 

本日は、3月に天神にオープンした無印良品『天神大名店』のご紹介をします。

 

スクリーンショット 2015-05-20 0.52.09

出展:https://www.muji.com/jp/flagship/tenjin-daimyo/

天神大名エリアは九州の中で最大の商業を持っています。その中でも、ファッション・文化の情報発信拠点である天神西通りという大変贅沢な場所に、オープンしました。

場所はこちら

スクリーンショット 2015-05-20 2.47.51


 

また、無印良品は、博多キャナルシティ内にも独特の店舗を持っております。

こちらのMUJIBOOKs in キャナルシティ と合わせてご覧ください。


 

無印良品天神大名は、九州では唯一となる単独路面店としてオープンしました。

 

全体を5階のフロアーに分け、それぞれが居心地の良い、まるで家に居るかのような安心感を持たせるような空間が演出されています。IMG_0200

そうする事によって、お客様がくつろいで自分にあった商品を選ぶ事が出来るようにという思いが込められているそうです。

 


 

各階には、トータルコーディネーターと呼ばれるスタッフが常駐しており、お好みにあったイメージに沿ったスタイリングや、暮らしに沿ったすべての相談をする事が出来るそうです。

 

IMG_0205

 


 

 

今回は、そんな無印良品を1階から5階までそれぞれ紹介していこうと思います。

 


 

 

まずは1階から

IMG_0200

1階には、衣料品のリサイクルの新たな取り組みとして

「re-muji」

というサービスを行っております。

こちらの内容は、日本が昔ながらの文化の一つである、「一つのものを大事に扱う」という考えをもとにして始まったサービスです。

回収した製品の色を染め直し、世界でひとつだけの新たな製品として生まれ変わらせ、今回、全国で初めて無印良品天神大名のみの限定商品として再販します。

「re‐muji」では、現代の染めの技術を取り入れ化学染料を使用することで、色落ちの不安を解消した製品に仕上げました。同じ「藍色」でも3種の濃さを用意し、選択する楽しみを加えました。

*無印良品サイトより引用

このように、世界にたった一つしかないリニューアルされた古着を購入する事が出来ます。

種類は、シャツやカットソー以外にも、ボトムスやバッグなどの雑貨にも対応しております。


その「re-muji」のブースを奥に進むと、

IMG_0206

 

刺繍工房と書いてあるフロアーに出くわしました!!

 

じつは、こちらは大型店ならではの充実したカスタムサービスの一つなのです。

こちらの工房では、

  • 形や色を組み合わせてオリジナルのバッグを作れる、「カスタムトートバック」のサービス
  • made in Japanにこだわったパターンオーダースーツ
  • エッセンシャルオイルをその場でブレンドする香り工房
  • 繊維製品への刺繍サービス

などの充実したサービスを受けれ事が出来ます。

こんなところまでやってもらえるのは、大型店ならではの強みでしょう!!


 

ちなみに私も…

IMG_0204

 

こちらの香り工房で自分にぴったりのアロマオイルを選んでいただきました!!笑

 

 

IMG_0205

 

  1. 一人で

  2. 休日に

  3. リビングで

    上記の3つのキーワードにより、こちらの「ティートリー」「グレープフルーツ」のミックスを選んでいただきました。

こちらの配合は気分や場所によって使い分けれるそうなので、皆さんも興味があれば選んで見てはいかがでしょうか?


 

次は2階に上って行きましょう

IMG_0215

 

2階は食料品がメインの売り場です。売り場の半分がカフェになっております。

IMG_0216

 

こちらの「Cafe&Meal MUJI」では、プレートに好みのデリを選ぶ事が出来る食堂スタイルのデリカフェです。

種類も豊富で、「暖かいデリ」「冷たいデリ」などわかりやすく分けられており、単品でカレーを食べる事も出来ます。

IMG_0211

 

とても美味しそうでした。

次回お邪魔したときに食べようと思います。そのときはインスタグラムに掲載しますので、よろしければこちらのアカウントをご参照ください。https://instagram.com/migrant.company/


さらに3階へ足をのばしましょう

IMG_0217

 

3階は、紳士服売り場とトラベル用品売り場でした。

実は、無印良品は自転車も売っていたんですね。驚きでした!!

IMG_0219

ただまぁ、なんと言うかめちゃくちゃシンプルですね。笑

白一色」「飾らない」「シンプルイズベストといった言葉がよく似合う自転車。さすが無印良品です。

IMG_0220

 

車種も、ママチャリ以外にスポーツタイプのクロスバイクも扱っていました。

値段は妥当なイメージです。「安かろう」「悪かろう」を絶対しないという確固とした姿勢が確かに伝わってきます。


 

 

さてさて自転車の話はこれくらいにして、4階はどうなって居るのでしょうか?

IMG_0223

4階は子供服売り場と文具コーナーでした。

ここには子供が遊べる「遊び場」が併設されており、その中で遊ぶ事が出来ます。子供用の自転車も売ってあるんですが、そのサンプル品も子供の遊び道具として遊び場の中に置いてあります。


 

ここで少し話がそれますが、

無印の子供服ってなんかかわいいですよね。シンプルの中にあるかわいさを追求したデザインというか、こういう飾りっけのない可愛さって結構ほかにはないんですよね。だから私も着てみたい!!

でも、大人の私には絶対に入る事のない小さな小さな子供服。

 

そんな僕と同じ事を思っている方に朗報です

 

子供服のデザインTシャツは、ネットストア限定「大人用」が売られているんです!!

サイトはこちらより見る事が出来ます。http://www.muji.net/store/

そちらのページの、

「紳士服」→「ポロシャツ」 から入る事が出来ます

スクリーンショット 2015-05-20 2.18.56

出展:http://www.muji.net/store/cmdty/section/S10201

 

これで、子供とのペアルックを楽しんだり、周りとは違ったファッションを楽しむ事が出来ますね!!


 

さて話を戻して、子供服コーナーの隣にある、「文具コーナー」の話をしましょう。

IMG_0229

 

ここにも無印良品らしい面白いコーナーがもうけてあります。

IMG_0231

こちらの「MUJI YOURSELF」というコーナーでは、スタンプをつかった手紙やポスター作りを体験する事が出来ます。

IMG_0230

 

永田社長作 「パリのジェントルマン」

 

このように発送は自由なので、自分にしか作れないオンリーワンの手紙を作る事が出来ます。気に入ったスタンプはもちろん買えますので、学校で友達と遊ぶのもよし。職場で話題作りに使っても面白いかもしれませんね。


 

最後は5階の紹介です。

IMG_0233

5階は寝具、家具のコーナーなっております。

 

IMG_0237

 

ここにも無印良品のシンプルさへのこだわりをかいま見る事が出来ます。

どんな座り方も受けとめ、長時間でもくつろいで座れるデザインのチェアなど、100年後も使い続けられる定番の家具が生まれました。繊細な感性と高度な技術を合わせ持つ日本の職人による、誇りある確かな仕事によって実現できました。

*無印良品公式サイトより引用

IMG_0235

 

奥に進むと、寝室に飾るインテリア用の観葉植物がありました。

私の部屋は殺風景なので、置いてみようかな。


 

最後に

さすが大型店かつおしゃれ街の中心地にあるということで、全体的にハイセンスな作りになっております。大名でショッピングリストの一つとして加えても何ら問題ありませんので、よろしければ一度お越しになって見てください。

店舗情報

店舗名:無印良品 天神大名/Café&Meal MUJI 天神大名

場所:福岡市中央区大名1-15-41

電話番号:092‐734‐5112

営業時間:10:00~21:00

公式サイト:https://www.muji.com/jp/flagship/tenjin-daimyo/