こんにちは、マイグラントサイクリングの永田です。

本日は、博多のキャナルシティにある無印良品を紹介いたします。キャナルシティーの無印良品は、新たに店舗名を変更いたしました。その名も

 

MUJI Books

 

IMG_1851

 

キャナルシティの場所はこちら

 

 

 

 

「無印良品の本屋」として新たにリニューアルされており、「ずっと良い本」をモットーに様々なインテリア用品や家具や食品に寄り添うように置かれた本達は、テーマ別に約3万冊を厳選しております。

以下公式サイトより抜粋

1996年4月のオープン以来、これまでも九州最大面積の旗艦店として九州、そして全世界に向けた情報発信を行ってきました。
今回の改装では、3万冊を超える書籍を無印良品の商品群とともに編集した複合売場MUJI BOOKSを導入します。
またリノベーション商材を核に据え住空間関連ゾーンを拡大、九州を拠点に活躍する建築家・クリエイターたちと連携したワークショップやイベントを行うなど、地元に根差したプラットフォームとして、この地域の発展に貢献していきたいと考えています。

 IMG_1853

MUJIキャナルシティ博多では、料理の基本になぞらえた「さ(冊)し(食)す(素)せ(生活人生)そ(装)」の5つのシーンで構成する書棚群、無印良品のルーツである田中一光氏の自宅蔵書棚、商品と本の企画編集棚「と本」(「ごはんと本」など14テーマ)を展開しております。

 

IMG_1857

また、現在はキャナルシティのスタッフの方が選んだ書籍を年代別に並べております。

自分と近しい方が選んだ書籍を見ながら親近感を抱く方もいらっしゃいますし、全くかけ離れた年代の方が選ぶ本にカルチャーショックを抱く方もいらっしゃいます。

 

IMG_1858 

私も同年代の方の選ばれた絵本を拝見。

スイミーはよく読みました!!懐かしいですね。笑

IMG_1862

その他にも定期的に本にまつわるワークショップやトークライブも開催しております。

 IMG_1863

福岡にある無印良品の中ではトップクラスの広さを誇っており、外国観光客もよく立ち寄るのだとか、またお客様の中には目的の商品を買う事を忘れてショールーミングしてしまう方もいらっしゃるそうです。確かに厳選された商品が効率的かつ美しく陳列されている様は、買い物に来たというよりも、さながら美術館に来たような気持ちになってしまいそうです。

 

キャナルシティーにお越しの際は、ぜひともMUJIBooksにもおこしください。


 

 

営業時間:営業:10時~21時
休日:年中無休

無印公式サイト:http://www.muji.net/shop/canalcity/

キャナルシティ博多公式サイト:http://canalcity.co.jp/