福岡の宅配専門自転車貸し・レンタサイクル

博多編②

 

 

 

A:吉塚商店街

B:東公園

C:筥崎宮

D:やおき(パン屋)

E:貝塚公園

F:名島城阯

G:崇福寺

H:ブラジレイロ(カフェ)

 

 

 

 

A.吉塚商店街

▲ 福岡市博多区の吉塚に昭和レトロな雰囲気を残す吉塚商店街があります。昔ながらのアーケード屋根の商店街で数百メートルの範囲内に小さな商店がビッシリと入っています。 ▲ 戦後昭和20年代の闇市的な状態から発展した商店街だと言われていますが、昔ならではの人情あふれる雰囲気で活気があります。アーケードがつけられたのは昭和30年代とのことで、道幅も変わっていないとのことですので、50年以上前の雰囲気がそのまま残っている場所です。住所:福岡県福岡市博多区吉塚1丁目14−9(→ グーグルマップで見る)関連記事:昭和レトロな雰囲気を残す吉塚商店街


B.東公園

▲ かつては「千代の松原」と呼ばれる広大な松林が広がっていた東公園ですが、現在は福岡市民の憩いの場として親しまれる自然豊かな公園として整備されています。公官庁の施設も多くあり行政の中心地区にもなっています。 ▲ また、歴史スポットも多く、元軍が博多に攻めてきた「元寇」の時に敵国の降伏を祈願された亀山上皇の像、その元寇の際に外国からの侵略を予言した日蓮宗の開祖 日連上人の像もあります。どちらもスケールが大きく見逃せないスポットです。 住所:福岡県福岡市博多区東公園7−11(→ グーグルマップで見る)関連記事:東公園にある亀山上皇銅像はなぜ北条時宗にならなかったのか


C.筥崎宮

▲ 筥崎宮は筑前国一宮(筑前国で最も社格の高い神社)とされている神社です。初詣や放生会などのイベントの際には多くの人が集まります。 ▲ 神門には元軍が博多に攻めてきた「元寇」の時に亀山上皇が敵国の降伏を祈願して掲げられた「敵国降伏」の扁額があり、現在でもスポーツなどの勝負事の必勝祈願を行なうことでも有名です。また、東郷平八郎も明治38年の日露戦争直後に筥崎宮に参拝したという記録が残っているそうです。 IMG 2405 ▲ 博多祇園山笠の際には体を清める砂を取る儀式が筥崎宮のお汐井浜で行われます。住所:福岡市東区箱崎1-22-1(→ グーグルマップで見る)関連記事:筥崎宮入口にある東郷平八郎の文字


D.やおき(パン屋)

▲ おそらく日本一わかりにくい場所にあるパン屋「やおき」。創業してから40年以上の歴史があるレトロなパン屋です。 ▲ 本当にこんなところにパン屋があるのだろうか??と思いながら、軽自動車が一台通れるかどうかという道を奥に進んでいくと黄色い看板が見えてきます。 ▲ ほとんどのパンが100円以下で売られているのですが、名物なのがこちらのエクレヤ。何とその価格50円です。サクッとした外の食感と中のカスタードの絶妙なバランスが素晴らしく何個でも食べれてしまいそうです。サイクリングのおやつスポットとしておすすめです。住所:福岡県福岡市東区箱崎1-30-7(→ グーグルマップで見る)関連記事:日本一わかりにくい(?!)場所にあるパン屋はエクレアが50円でシュークリームが40円!


E.貝塚公園

▲ 昭和30年代まで競輪場だった場所を改修して作られた貝塚交通公園は見どころたくさんの公園です。公園内はアスファルト道路が整備されていますがこの道は子供がゴーカートに乗って交通ルールを学べるアトラクションです。 ▲ 公園内には交通に関するさまざまな展示がありますが、特に注目なのがこちらのDH-114 ヘロン。伊藤忠航空整備がインドネシアから買い入れ富士航空などで使用された機体(→参考)で過去に実際に使用されていたものです。 ▲ もう一つの目玉がこちらの機関車。石炭の輸送用に使われていた貨物用の機関車で1920年(大正9年)の製造なので約100年の歴史を持つ車両です。そしてそのうしろにはブルートレインが連結しているのですが全国で2台しか保存されていない貴重な車両だそうです。昭和40年台に博多〜東京間の寝台特急「あさかぜ」として使われた後、門司港〜西鹿児島間の寝台特急「かいもん」となり、その後廃車、現在は貝塚交通公園のシンボルとして保存されています。住所:福岡県福岡市東区箱崎7丁目8−35(→ グーグルマップで見る)関連記事:貝塚公園に展示されている飛行機貝塚公園にある機関車とブルートレイン


F.名島城阯

▲ 名島城址公園は1500年代終盤から1600年代のごく初期まで使用されていた名島城の跡です。文禄慶長の役の時に豊臣秀吉が妻の淀殿と共に滞在していたという記録も残っています。 ▲ 名島城は福岡城築城前に使用されていた城ですが、水害が多かったことや利便性の面から現在の福岡城の場所に移築されたと言われています。石垣などは福岡城を建築するための資材として使用されたため城の痕跡はあまり残っていませんが、かつてから存在していた名島神社がそのなごりとして残っています。 ▲ また、名島神社正面の鳥居からまっすぐ海の方に歩くと3世紀頃に神功皇后が使用した船の帆柱が石化したものであると伝わる「帆柱石(ほばしらいし)」もあります。ただ、実際には3500万年前の珪化木という非常に珍しい木の化石なのだそうです。 ▲ ちなみにかつて名島城で使用されていた門が「名島門」として福岡城に移築・保存されています。住所:福岡県福岡市東区名島1丁目26−1(→ グーグルマップで見る)関連記事:名島城のなごりを古地図を見ながら調べてみた福岡市東区に船の柱の化石がある?!


G.崇福寺

▲ 福岡県福岡市博多区にある崇福寺。福岡藩主の菩提寺として有名です。 ▲ 福岡藩の藩祖黒田官兵衛(如水)や官兵衛の正室である照福院、初代藩主黒田長政などの墓があります。 ▲ 広大な敷地内にはたくさんの仏教建築物や仏像があり見どころの多いお寺です。住所:福岡県福岡市博多区千代4丁目7−79(→ グーグルマップで見る)関連記事:崇福寺に移築された福岡城の表御門


H.ブラジレイロ(喫茶店)

▲ 昭和9(1934)年創業の福岡で最古の喫茶店「ブラジレイロ」。ブラジレイロはブラジルのサンパウロ州のコーヒー局が豆の宣伝のためにオープンした店舗がルーツになっています。原田種夫や火野葦平などの文豪や著名人も通っていたそうです。 ▲ お店のパンフレットによると、

ブラジレイロの珈琲は「マイルドブレンド」を中心に、アメリカンタイプの「ソフト」等の一般的なブレンドに加えて、まろやかな味と香りの「クラシック」、カリブ海の島々の高級豆を使った「カリブの華」、またやや深めの焙煎によるエスプレッソタイプの「ベネツェアンブレンド」でウォータードリップした「水出しコーヒー」等が顧客に愛飲されています。珈琲豆も、ジャマイカやコロンビアの良質の豆を厳選して使用し、オーナー自らが赤外線、半熱風による焙煎を行っております。又、ストレートとしてスペシャルティーコーヒーもとり揃えております。

とのことでこだわりの様々な味が楽しめます。 ▲ ランチメニューも非常においしいく、行列ができるほどの人気店です。住所:福岡県福岡市博多区中洲4丁目6−12(→ グーグルマップで見る)関連記事:福岡で最古の喫茶店「ブラジレイロ」でウマすぎるハンバーグを食べてきた


福岡(博多・天神)の宅配専門レンタサイクル TEL 080-1735-9809 営業時間:9:00~20:00 定休日:火曜日

PAGETOP
Copyright © マイグラント合同会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.